マンション購入で資産を残しましょう

マンション購入では、モデルルーム見学・資金計画・ローンの仮審査・申し込み・本契約といった流れが一般的です。

マンション購入で資産を残しましょう
マンション購入で資産を残しましょう

新築マンションを購入する流れ

新築マンションの購入を検討したら、一番はじめにすることは請求した資料をもとに物件の説明を受けてモデルルームを見学することです。モデルルームには物件に関する相談はもちろん、資金面で相談にのつてくれるアドバイザーなどが来ていることも多いので、ある程度計画が進んでいるようならその場で簡単に相談することも可能です。見学や説明を聞いてみて購入希望ということになれば、申込書に記入します。この仮申し込みの時点で、住宅ローンの仮審査を受けるのが一般的です。分譲マンションの申し込みは先着順と抽選があり、先着準で受付をする場合は抽選はありません。また、その物件を第一希望にしている人の方が他物件を検討している人よりも有利になるケースも中にはあります。

購入が決定したら売買契約を締結して本契約となりますが、本契約の前にはそのマンションについての重要事項の説明を受けます。重要事項の説明会は、購入者を集めて集団で開催されることもありますし個人ごとに説明を聞くこともあります。いずれにしても、重要事項説明会の時点でわからないこと不安なことは何でも質問して把握しておくことが大切です。その後売買契約の締結と同時に手付金を支払い、並行して住宅ローンの本申し込みをするのが一般的です。マンションが完成したら内覧会やオプション会を経て決済・引渡し・入居となります。

関連記事

比べてお得!

Copyright (C)2017マンション購入で資産を残しましょう.All rights reserved.