マンション購入で資産を残しましょう

賃貸でよく目にするマンション・アパートは何が異なるのかというと、構造の違いで呼び方を変えています。

マンション購入で資産を残しましょう
マンション購入で資産を残しましょう

賃貸で目にするマンションとアパートはどう違うのか

賃貸物件を借りる際、アパート・マンションという言葉をよく目にしますよね。さえ、このアパートとマンションですが、何を基準に分けているのでしょうか。実はこの2つ、構造によって呼び名を変えています。具体的に言うと、木造や軽量鉄骨造の建物をアパートと呼び、鉄筋や鉄骨構造などアパート以外の建物をマンションと呼んでいます。

アパートはマンションと比較して防音性は劣りますが、木造や軽量鉄骨造でも、建物によっては上下階に配慮してコンクリートパネルを敷いた物件などもあり、最近の建物は防音や設備に配慮した物件が多く供給されています。また、アパートは比較的結露が発生しにくい構造となっています。全般的に世帯数の少ない建物が多く、2階建の物件が主流です。マンションは重量鉄骨造、鉄骨ALC造、PC造、RC造、SRC造といった構造の建物を指しています。性能グレード的にはSRC造が最高ランクですが、建築費用が高額になってしまい家主の負担が大きいことから、賃貸物件ではあまりみられない構造となっています。また、RC像などは部屋によって柱梁が突出していることもあり、家具の配置やサイズには注意が必要となります。

マンションとひとくくりに言っても、構造は様々です。入居の際はメリットデメリットなどをしっかり確認しておきましょう。

関連記事

比べてお得!

Copyright (C)2018マンション購入で資産を残しましょう.All rights reserved.