マンション購入で資産を残しましょう

マンション投資の注意点について、部屋の広さや立地などの面から注意する物件を述べていきます。

マンション購入で資産を残しましょう
マンション購入で資産を残しましょう

マンション投資の注意点について

マンションの地価価格が上がっているというニュースが以前ありましたが、マンション投資をする際にはどこに注意すればいいでしょうか。ここでは、特に広さに着目して買う物件と買わないほうがいい物件を述べていきたいと思います。一番注意したほうがいいのは、古い物件です。古い物件は年月がたっているという点でもリスクであると思いますが、もうひとつ広さの点でも注意が必要です。その理由は、以前はマンションの部屋が狭かったからです。

バブル期の前の物件は特に注意したほうがいいでしょう。実際に入ることは難しいので物件の数字で見ていくことになりますが、22平方メートルなど狭い物件が多いようです。最近では26平方メートルなどの物件が一般的な中、不動産投資に不利なことは一目瞭然です。同じ物件を見比べて同じ値段なら、広いほうを選ぶでしょう。その分家賃を下げなくてはならず、利回りも下がってしまいます。

そのため、よほど駅から徒歩1分などの好立地でない場合は、手を出さないほうが無難です。できるだけ広い物件を選ぶようにするには、立地年数が浅い方がいいでしょう。なおかつ好立地の場合は投資に向いている物件だといえます。スーパーマーケットやコンビニが近いことも長所になります。

関連記事

Copyright (C)2017マンション購入で資産を残しましょう.All rights reserved.