マンション購入で資産を残しましょう

マンション購入の予算は物件を絞り込むにあたって重要なポイントで、頭金とローンで決まります。

マンション購入で資産を残しましょう
マンション購入で資産を残しましょう

購入可能なマンション価格を把握する

予算は、マンションを購入するにあたって大変重要な要素です。税金や手数料など購入に必要な費用の名目を把握したら、次は自分が買うことのできる物件の価格をチェックします。買える物件の価格は、頭金をどのくらい用意できるか、また住宅ローンをどのくらい借り入れできるかによって決まってきます。頭金というのは、物件の価格のうち現金で用意する分をさします。頭金は後々で手付金や決済の時に価格に充当されますから、頭金を多く用意したほうがローンは楽になります。

しかし、マンション購入の時点で全ての貯金を頭金に充ててしまうのは危険です。万が一の病気による休職や自動車の買い替えの予算など生活のための予備費用は手元に残しておく必要があるからです。毎月の生活費かいくらで、頭金に回せる貯金がいくらになるのかを把握する必要があるということです。また、一年間に返済する住宅ローンの額はについては年収の25パーセント以内が安全なラインと一般的に言われています。マンション購入の仲介サイトなどには、年収別にローンの組める金額や購入できるマンションの価格をシミュレーションできる機能もありますのでそういったものを活用するのもひとつの方法です。

関連記事

比べてお得!

Copyright (C)2017マンション購入で資産を残しましょう.All rights reserved.