マンション購入で資産を残しましょう

マンションを購入すると、購入後もローン返済をはじめ維持費・税金などの諸費用が必要になります。

マンション購入で資産を残しましょう
マンション購入で資産を残しましょう

マンションの購入後に必要になる諸費用

マンションを購入すると、購入後もいろいろな費用が必要になります。その代表が、終了まで毎月支払わなければならないローン返済です。また、不動産を所有していると、市町村税の固定資産税と都市計画税が課税されて納税の義務があります。これらの税金は毎年1月1日に不動産を所有している人に課税されるものです。またマンションの日常管理は多くのケースで管理会社に委託されていますが、そのための管理費も居住者は負担する義務があります。

またマンションにおいては、定期的なスパンでメンテナンスをする必要があります。この大規模修繕に備え、居住者は修繕積み立て金についても毎月支払っているのが一般的です。この修繕積立金は、居住者が組織して理事などをおく管理組合で徴収して管理しています。修繕積立金がない、または金額が少ないマンションは維持費がかからないと言う点では恵まれていますが、いざ大規模な修繕をすることになった場合に居住者から一時金を徴収する可能性もあって一度に大金が必要になる可能性も十分あります。ちなみに大規模修繕については管理組合がその計画をたてていて、修繕積立金の金額についても総会を開催して管理組合で決定しているのが一般的です。

関連記事

比べてお得!

Copyright (C)2017マンション購入で資産を残しましょう.All rights reserved.