マンション購入で資産を残しましょう

中古マンションの築年数には注意した方が良いでしょう。価格よりは建て替え時期がいつかということが重要です。

マンション購入で資産を残しましょう
マンション購入で資産を残しましょう

中古マンションの築年数と注意点

中古マンションを住むために購入したいという人はいると思います。しかし古いタイプのマンションは余りお勧めではなかったりします。その理由は古くなると建て替えをしないといけないですし、また管理修繕費も高くなっていくということがあるからです。せっかく購入しても月々に修繕費が必要ということであれば、ちょっと困るという人もいるでしょう。新築であればそういった経費は最初は安いものです。しかし中古マンションの場合はそうもいかないということになるでしょう。

マンションの建て替えの目安は物件によりますが概ね50年前後というように言われています。そこから建て替えの時期を今の築年数から予想できますので、どのくらい持つかという基準にもなると思います。ただ建て替えについては住民の同意が必要になってきますので必ず建て替えになるという訳ではありません。しかし古い建物に住み続けるのはリスクがありますし、その部分を考えて購入するべきです。

仮に築年数が20年経過しているとしたら、購入する場合には、ある程度建て替え時期にお金が用意できるという形にしたいところです。建て替えに際しては住民で積み立てていたお金の不足分を折半するという形になりますので、そこはどのくらいの金額になるかはケースバイケースで何とも言えない部分です。

関連記事

比べてお得!

Copyright (C)2017マンション購入で資産を残しましょう.All rights reserved.