マンション購入で資産を残しましょう

地方で生活し辛くなった高齢者が都市のマンションへ引越したら町内の老人クラブ等で顔を覚えてもらうことが第一です。

マンション購入で資産を残しましょう
マンション購入で資産を残しましょう

地方から都市のマンションへ引越した高齢者はまず顔出しすること

人口減少社会でありながら、首都圏中心にして3大都市圏の人口が増加傾向を続けてきましたが、大きな理由の一つは地方に生活している高齢者が日常生活しづらくなってやむを得ず都市部のマンションへ引越していくことがあるようです。数十年、住み慣れた住まいで野菜を育て、花を愛でながら幼馴染や友人、知人と楽しく暮らしていても、日用品の買い物や医療機関あるいは金融機関などの施設が近くにないと車なしで生活できなくなることで不便な生活が一気に表面化するので早めに引越しを決断するケースが多いようです。従って、引越すきっかけは近くにあった唯一のスーパーの閉鎖や近くの医療機関で対応できない病を患ったり、あるいは車の運転が不安になったりすることが考えられるので、仕方なく、このような事情を解決できそうな都市部へ引越すわけです。

しかしながら、都市部へ出れば、確かにこのような不便さの解決になるかもしれませんが、一方で、静かな生活環境あるいは幼馴染や友人、知人とのお喋りなど精神的なゆとりを失うことになるのですから、都市部へ出たからといって決して快適な生活を送れるわけではないと思うのです。マンションへ入居して改めて隣近所の同年輩の人たちと友達作りしようとしても簡単でないのです。むしろ、趣味の同好会や町内の老人クラブなどに積極的に顔を出して覚えてもらうことから始めなければならないでしょう。

関連記事

比べてお得!

Copyright (C)2017マンション購入で資産を残しましょう.All rights reserved.